クラシックギターコンサート

                           「涙そうそう」(クリックで再生します)


 銀座にある画廊eggsで、11月8日から13日まで「甦れ!北斎・広重展」が催されました。江戸時代の文化である浮世絵を、最新のアート技法で再現した作品が展示されました。その特別企画として、10日の日曜日、青木伸行と川瀬のり子による「クラシックギターコンサート」が開催されました。北斎、広重の作品に囲まれてのコンサートという、新しい試みです。
 バッハの「主よ人の望みの喜びよ」等のクラシックの他に、「唱歌メドレー」や「涙そうそう」等のよく知られた曲を二重奏で、ソロで「禁じられた遊び」と「エストレリータ」を、曲の解説を交えながら演奏しました。「アンコール!」の声に応えて、最後に映画ディアハンターのテーマ曲「カバティーナ」も演奏しました。お客様は、ステージとは違い至近距離で奏者の指の動きを見ながら、演奏を聴くことができました。また演奏後には、北斎・広重の作品も楽しまれていました。日曜日の昼下がり、銀座の画廊にギターの音色が響きました。
 
 
戻る